婚活何から始める?30代,20代向け安全でオススメな方法

20代・30代のはじめての婚活・・・何からはじめたらいい?婚活に成功する方法をブログにまとめています♪

婚活はイケメンじゃないと不利?モテないなら無償の愛で差別化を

多くの男性が勘違いしていること・・・

 

Q:婚活はイケメンじゃないと不利なんでしょうか?

 

⇒A.モテないなら無償の愛で差別化をはかれば大丈夫です!!

 

f:id:onsenlove77:20170810231925p:plain

 

イケメンじゃない・・・だったら優しさと男気でカバーしよう!!

 

はっきり自覚するのは、嫌だと思うのですが

・自分モテるほうではない

・イケメンってほどでもない

・おもしろいわけでもない

 

そんな男性がいたら・・・

大いに客観視して自覚してください。

(いやいや、何様だって感じですね・・・)

 

前回の記事でも言いました

蓼食う虫も好きずきという言葉

 

そう。人の好みはそれぞれ

 

もし、自分が顔・条件・年収・身長その他いろいろな面で

大したことないな~と思っているあなた(!)

 

自覚できている時点で

あなたのその気にしている部分は強みに変わります。

 

 

自分、イケてない。そう気づいている時点でモテる男性になれるかも!?

 

 

なぜかと言うと・・・

 

自分はモテないと自覚している=正常

 

安心

 

だからです。

 

 

生理的に無理な男性から、

「余裕あるモテる男性」みたいなキザな振るまいを受けるのって

女性からすると本気で避けたいんです。

 

 

例えば、モテないであろう生理的に無理な男性からの

下記のような、無理したパフォーマンスってすごくきつい。。

 

・モテ自慢

・余裕っぽく上から目線で連絡先を聞かれる

・さわってくるor馴れ馴れしい

・頭なでなでor髪の毛触られる

・脈ありだと信じてやまない・・etc

 

いくらハウツー本に書いてあってもやめてほしいです。

 

壁ドンとか、女子をときめかせる仕草やセリフは

 

あくまでも、好みの男性からされたら嬉しいかも

 

程度のものですから真似しないようにして下さい。笑

 

 

 

ということで、モテないと自覚されている男性は

 

 

その「モテないのかも?」という

自覚こそが、これから強みになっていきます。

 

 

 

はい。。。

 

 

意味わかんないですね。

 

では簡単に言うと・・・

 

 

モテないと自覚して、あることを意識していくと

女の子の心がこちらに向いてきます。

 

 

モテないなら、無償の愛で内面の良さをアピールしよう!!

 

 

ポイントは「無償の愛」です。

 

無償の愛ほど強いものは無いと思います。

 

 

 

では無償の愛って何!?って話なんですが・・・・

 

イメージ的には、母の愛情です。

 

 

お母さんは、子供の全てを受け容れてくれて、愛を注いでくれますよね。

あんなイメージです。

 

 

赤ちゃんがおしっこを漏らしても嫌いにはならないし

風邪を引けば病院に連れてくし、かけっこでビリでも、

テストの点が悪くても反抗期でも、

 

 

いつでも根底に愛情がある。

 

どんなに、母を邪険にする時期があったとしても

 

母ほど無償の愛情を注いでくれる相手は

なかなかいません。

 

 

イケメンは、半数は性格はイケメンはないです。

 

イケメンだけど、中身ペラペラで性格が悪い・・・よりも、

 

普通な顔だけど、内面が超イケメン!!

 

の方が断然モテます。

 

彼女にとって一番安心できる男性になれば無敵です。

 

すっぴんでも、貧乳でも、腹肉すごくても、 詐欺メイクだったとしても、

おしゃれしていない日も、不機嫌な日も、大泣きしても

リバースしても、落ち込んでいても

 

変わらずに愛情を注いでくれる男性がいたら無敵です。

 

 

 

ちなみに、母のような愛情とは・・・

 

母のように世話を焼いたり、干渉したり、束縛するって意味ではないです。

 

母並みの海のような無償の愛を持って彼女と接するということです。

 

 

コレは無敵です。

そして2人の関係のリトマス紙でもあります。

 

 

両想いであれば、彼女は絶対にあなたを離さないでしょう。

 

しかしキープであった場合は、その愛情の深さが重かったり

苦痛になり離れていくでしょう。

 

 

 

今日のまとめ

 

 イケメンじゃない、モテない、年収低い、自信がない・・・

そんなあなたでも大丈夫!!

 

無償の愛で、イケメンとは違う方法でアピールしていきましょう。

彼女が一番安らげる男性になればこっちのもんです!